Pocket

夏はもちろんキャンプシーズンである秋冬キャンプでも使えることで大人気のワンポールテント。

簡単に設営が出き、薪ストーブをインする事も出きるので、ソロキャンパーにも支持されているテントです。

また、素材も火の粉で穴が開きにくい綿を混合しているテントが多く、焚き火好きのキャンパーには嬉しいかぎりです!

今回は、ソロキャンプにおすすめのワンポールテントをご紹介いたします。

ソロキャンプを始めようと考えている方、秋冬キャンプにチャレンジしたいと考えている方、ぜひチェックしてみてください!

BUNDOK(バンドック) ソロ ティピー 1 TC BDK-75TC

痒い所に手が届いた便利な機能
前室が広く取れること、スカートがついているということで購入しました。公園で試しに立ち上げてみましたが、思っていた通り、良い幕だと思います。ポールが若干華奢に見えますが、このテントがあれば、タープは必要ないかもしれません。裾のスカートは北国に住む私には本当に有難い機能です。PCのテントは初めてですが、このくらいの重さのテントなら女性の私でも扱いやすいと思いました。この時世、いつキャンプに行けるかわかりませんが、その日までワクワクしながら待ちたいと思います。

出典:Amazon

テンマクデザイン サーカスTC

豪雨にも耐えられる頼もしい幕!
先日のキャンプでは、雨のち曇りの天気予報に反して日中から翌日の早朝まで雨が降り続け、しかも夜中は雷を伴う豪雨でした。
ポリコットンは通常の雨には耐えられるが、豪雨の場合は雨が染み込むことがある。と聞いていたので、雨漏りするのではないかと気が気ではありませんでしたが、実際は雨が染み込むということはありませんでした。おそらく15時間くらい雨ざらしだった上に、そのうち5~6時間は豪雨でした。
深夜は突風も吹いて倒壊しそうになったテントもありましたが、サーカスTCはビクともせずにしっかり持ち堪えてくれました。
ますます好きになりました。今後も大事に使って行きたいと思います。

出典:Amazon

DOD(ディーオーディー) ワンポールテントS 3人用

張りやすい。いい。
ワンポールテントは初めてでしたが簡単に設営出来て楽でした。SとM悩みましたが、2人までならSで充分かと思いました。また1人だとSでもたたむのがちょっと大変だったのでそれも良かったかもしれません。グランドシート正規品が在庫切れでしたが、Amazonで同じ寸法の安いグランドシート購入でき試しに敷きましたがバッチリでした。それとフライシート登頂部にタープ連結のループあるのかなと思ったらありませんでした。重さは結構重いのでバックパックは無理ですね。当然ですが。

出典:Amazon

テンマクデザイン サーカス TC DX

薪ストーブに最高
以前サーカスTCを持っていましたが、雨や虫などにより使用頻度が低く手放してしまいました。最近キャンプ用の薪ストーブを導入したのでサーカスTCが必要になりましたが、なかなか購入できず困っていましたが、アマゾンで販売する情報を得てサーカスTC DXを簡単に購入することができました。近くに直販の販売店もなく通販も先着順や抽選などで転売屋の横行で購入できませんでした。最近では生産量を増やされており手軽に購入できるようになり、品種も増えて選択肢があり楽しくなってきました。 テントとしてはサーカスTCよりずしっと重く感じます。これは生地の増えた分と二本のポールの重さが影響していると思います。設営はTCと同様で問題ありません。ソロキャンプの場合タープなしで行けそうで助かります。今回は薪ストーブのためのテントとして冬が楽しみです。また最近フロントフラップが販売され、試し張りに行ってきましたので紹介します。サーカスTC DXの室内空間がかなり広くなり、出入りが楽になりました。メッシュにすれば虫対策はかなり期待できそうです。もちろん薪ストーブ使用時の換気や広くなったテント空間で快適なキャンプができます。ただ風の強いときはテントの向き等なにか対策が必要です。先日キャンプに行って薪ストーブとハンモックをインストールしました。ハンモックスタンド2.7mありますが、フロントフラップによる空間に問題なく使用でき快適なキャンプでした。

出典:Amazon

Preself テント ワンポールテント 2-3人用

あら?いいじゃないこれ!
グリーンです。

薪ストーブの煙突用の開口がある事、設置が楽 って事で購入。
あいにく雨降りの中での初張りでしたが
十分に活躍してくれました。

自分の煙突用に切りあけないといけないですが
逆にジャストフィットで文句なし。

中華製。縫い目とか細部で神経質に文句言う人には不向き(値段考えなよ?)

意外と使えたアルミペグ。

ちょっと(かなり??)チープな外袋。

今まで持っていたテントより圧倒的に小さい収納時の体積。

ツーリングキャンプにはもってこい的。

ソロなら道具を沢山テント内で広げられる広さ。

「寝るだけ」なら二人まで、じゃないでしょうか。

薪ストーブはいいけど「焚き火」はしないでね。危ないよ。

お値段的に考えて高評価です。

出典:Amazon

ogawa(オガワ) アウトドア キャンプ テント ワンポール型 タッソ 2726

ソロに最適
ヤドカリテントやモーニング・グローリーと同型の後発商品ですが、自分にとっての特筆すべき特徴は変形機能よりも実はサイズ感と重量。
ヤドカリやモーニングが14Kg強の重量でファミリーサイズであるのに対し、こちらはソロかデュオに最適なサイズ感と重量(4kg強)。
気軽にソロキャンしたいときにサクっと持ち出せてサクッと設営できるお手軽さがいいですね。
ちなみに、ツインピルツフォークLのハーフインナーは六角形にぴったりですが七角形のときにも使えました。

出典:Amazon

いかがでしょうか?

幕内を自分スタイルにアレンジ出きるのもワンポールテントの魅力の1つです。

『冬は寒いからキャンプに行きたくない』って言われた方、ワンポールテントを持ってソロキャンプにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

幕内を広く使いたいならツーポールへ

ワンポールテントだとテントの真ん中にポールがくるので居住性がいいとは決して言えません。

この問題を解決するのがこちらのアイテムです。ツーポールにする事で真ん中にあったポールを端に移動できます。

こちらのアイテムも、チェックしてみてくださいね!


あわせて読みたい関連記事