Pocket

キャンプのマストアイテムである寝袋(シュラフ)。長年、キャンプを楽しんでいますが、はっきり言って寝袋はこだわった方が良いです。

気象状況が変わるアウトドアにおいて、如何に快適な睡眠をとれるかが重要です。楽しいキャンプですが、テント設営や炊事場までの往復など、知らず知らず体に疲れがたまってきます。疲れをとるためには良質な睡眠がとても重要となり、シュラフが大切なアイテムとなります。

そうと言ってアルペン登山でも無いのに何万円も出すのも厳しいと言う人は私だけではないはず。

そんな方に、うってつけの人気シュラフをおすすめ順に紹介いたします。ぜひ、チェックしてみてください!


スリーピングッド 寝袋(シュラフ)

オールシーズン対応な寝袋がこちらのスリーピングッド。マイナス6度まで使用可能なため、温暖地ならこれだけで対応できます。また、夏でもダブルフィルドテクノロジーとS字型キルティングデザインによって湿気を外へ排出してくれるため、ムレなく快適な睡眠を提供してくれる優れもの。

丸洗いも可能なため、いつでもキレイな状態で使用することができます。旅行に最適なキャリーバッグ付き。 収納・持ち運びも簡単です。

ファミリー分、寝袋を用意する方にお得な情報です。なんとスリーピングッドの公式ページからお買い求めいただくと割引が適用されるため、ショッピングサイトで買うより公式サイトから買った方がお買い得です!

災害時用に購入しました。試しに寝て見ましたが、思ったより広く男性でもゆったり眠れそうです。広げて敷布団にすればダブルサイズくらいの広さになるので夫婦一緒に寝れました。コンパクトに畳めて収納も持ち運びもラクなので、万が一の時に備えて損はないと思います。

出典:楽天


YOTECE 寝袋(シュラフ)

横幅が85cmと75cmの二種類あるので、ゆったり使いたい方は大きい方、小柄の方や子供は小さい方と選ぶ事ができます。

快適使用温度:5℃程度以上、スリーシーズン対応。足元に温度調整ができる開閉チャックが付いているので、使用環境に応じて調整が可能。フード部分を小さく縮めることができ、首元からの冷気侵入を防げ、寒さ対策も完璧です。

もちろん丸洗いも出来きいつでもキレイな状態を保てます。10万枚も売れている人気アイテムとなります。

幅がとても余裕のある商品です。これなら大きい方でもスッポリ収まると思います。とても軽くそこまで厚手ではありません。しかしとても暖かいです。中の綿の素材の良質さを感じる商品でした。横と下にファスナーが一つずつあり開け閉めできます。横は閉め終わりの所にマジックテープがあります。足の部分をあけるとそのまま、歩くこともできます。頭はフードになっていてひもで締めると密閉感があり保質感があがるのでさむくありません。

出典:Amazon


Tooge 寝袋(シュラフ)

使用環境に応じ4種類から選ぶ事ができます(①2.3kg:-10℃~5℃、②1.8kg:0℃~10℃、③1.4kg:10℃~20℃、④1kg:15℃~25℃)。

どれがいいか、悩まれるなら春~秋まで対応できる ②1.8kg がおすすめ。

足元には温度調整に便利な開閉チャックが付いていて、暑い時には開けて風を通すことができるすぐれもの。また、連結も可能だすので、子供と一緒に寝ることもできます。

もちろん、丸洗いも出来るのでいつでもキレイな状態で使うことができます。コストパフォーマンスに優れたアイテムとなります。

安いので心配でしたが、フワフワ感もちゃんとあり入ってみるとしっかり暖かいです。
幅も広く、足もゆったり。
体格が良く180㎝の身長の私でもゆったり寝れます。
12月位までなら問題なく眠れそうですね。
安いのにしっかり作って有りホントバカに出来ないです。
バイクツーリングで使おうと思ったんですが、相当圧縮すれば何とか積めるかな?そんな大きさです。
年末手の平サイズの寝袋で地獄を味わうなら、積載量は増えるけど無理してでもこちらを持っていけばグッスリ眠れそうです。買って良かったと思います。

出典:Amazon

いかがでしょうか?

どれも人気のある寝袋となります。どういったシーンで使用するかによって、選ぶ寝袋がかわってきます。あなたのキャンプスタイルにあった寝袋を選んで下さい。

近くに川があるサイト、風が強い日や雨が降っている日の睡眠には耳栓がおすすめ

ママが「川の流れる音がうるさくて、ほとんど眠れなかった」「テントにあたる雨の音が気になって眠れなかった」と言うことが度々あったため、購入したのがこちらの耳栓です。


フィット感も良く音がいい感じに遮断されるので「音が気にならなくて良く眠れた」と喜んでいました。

確かに家だと壁があるので音を遮断してくれますが、テントだと音がダイレクトに入ってくるので、繊細な方は耳栓を準備して行く事をおすすめします。ぜひ、チェックしてみてください!




あわせて読みたい関連記事