Pocket

自然の中で飲むコーヒー、最高です!

食事の後のコーヒー、朝もやの中のコーヒー、ぼーっとするときのコーヒー。アウトドア・キャンプでコーヒーは一段と美味しく感じます。

美味しく感じるコーヒーをより一層、美味しくするためにインスタントコーヒーでは無く本格的にドリップするのもアウトドア・キャンプをより楽しむためにおすすめです。

今回は、美味しくコーヒーを淹れるための道具(コーヒーキット、コーヒーセット)を紹介します。

もちろん、アウトドアだけでなく普段使いも出来る物です。道具さえ揃えればコーヒー店でコーヒーを飲むより確実に安く美味しいコーヒーを飲むことが出来ます。道具にお金がかかりますが、毎日、コーヒーを飲む方なら三ヶ月もあれば初期投資を回収できます。

私もマイボトルにコーヒーを淹れて仕事に行ってますが、飲み物代が全くかからなくなりました。

180円のコーヒー、コーヒー豆にすると10g程度です。Kaldiで売っている200gの単位に換算すると、200g、3600円もするコーヒー豆を使う事ができます。(Kaldiでこんなに高いコーヒー豆ってパナマゲイシャくらいかも)

コーヒーキット、コーヒーセットさえ揃えてしまえば、こんなに高級なコーヒー豆で淹れたコーヒーを、飲めてしまえます!

ランニングコストを確実に抑えることが出来るので、飲み物代を節約したい方にピッタリです。

ぜひ、チェックしてみてください!

コーヒーミル

コーヒー豆を挽くアイテムです。電動のものもありますが、アウトドア・キャンプで使いたいのと、挽く速度も調整できる手動のものがおすすめです。

パール金属(PEARL METAL) キャプテンスタッグ 日本製 コーヒーミル

作り方がぜんぜん違います
ほとんどの方が恐らく気が付いていないと思いますが、同じような商品と比較してケースの作り込みが全く違う思想になっています。
良く見るとわかるのですが、組み合わせた状態でボトム(挽かれた粉が落ちるところ)と本体(セラミックの部品が収まっているところ)、蓋がツライチになるんです。
他の類似品はそこに段差があって、恐らく絞り加工で広げて合わせ込んでいます。
でもこの商品は逆に本体側を加工して更にボトムと蓋側も二次加工を入れてひと手間かけています。
なのに安い!コストアップしているはずなのに。
いかにもこだわりのあるメイドインジャパンといった感じがありありとして、機能面でもとてもいいです。
更に、取っ手がストレートで力が逃げないことと、そのノブ(黒い樹脂部品)も手抜きをしておらず、成型品打ちっぱなしではないので、握っての裏側にリブが無いので痛くないです。

出典:Amazon

HARIO(ハリオ) コーヒーミル 透明ブラック 手挽き セラミック スリム MSS-1TB

初心者用として購入すごいよかった!
初めてミルを購入1ヶ月使用してからのレビューになります
他のミルは使用したことはありません
皆さんもミル買うの悩んでる人はこれを是非ともかってほしい商品です
気に入ったこと
1.使い方も簡単で初心者にも使用できた
2.粉の荒さも調節できるのがよかった
3.コンパクトで収納場所も困らない
4.挽いた粉でよごれることがすくない
5.全部水洗いができる
気に入らなかったこと
1.仕方ないことですが挽くのに時間がかかる
2.他のミルでもあるのかもしれませんが挽いた粉が臼の下にくっつくのでそれをとるのが手前でした

出典:Amazon

コーヒードリッパー

コーヒーの粉にお湯を注ぎ淹れるドリッパーです。円錐形のドリッパーがおすすめです。

HARIO(ハリオ) V60耐熱ガラス透過ドリッパー 1-4杯用 ブラック 日本製 VDG-02B

味の調節が容易
三角錐型は初めてでしたが3ヶ月ほど使い込み安定して抽出が出来るようになってきましたのでレビューとします。
端的にまとめるとカリタ式(いわゆる三つ穴型)よりも味の変化を楽しみやすいです。
お湯の温度の変化による所はどちらでも非常に大きいですが、蒸らしの時間と特に抽出の速度、時間の変化がモロにコーヒーの味に出ます。豆の品質の変化による抽出速度の変化が他方よりも出にくく、淹れる人のさじ加減によって豆の出したいキャラクターを選ぶことが出来ます。これは恐らく、他方では穴を抜けるお湯の速度が抽出速度を律っしますが、こちらではお湯の注ぐ速度による所が非常に大きい為であると思います。
また、エグミが少ないクリアな抽出が可能です。ただ実感ではお湯の温度が高いと苦味がかなり強調されるイメージがあり、好みの味に向けて温度を厳密に調整する必要があると感じます。抽出の速度と勢いと温度が味にダイレクトに伝わる事からコーヒー専用の細口ケトルは必須であると思います。ついでに温度計があると非常に味のコントロールがしやすいです。

使い始めの頃は味がまばらになってしまい微妙でしたが、慣れてくると商品の良さが見えてくると言った感じでしょうか。商品のポテンシャルは高いものがありますし、嗜好品でこの値段ですから試行の価値は大いにあると思います。
私はこの商品に出会えて自分の抽出の特徴や変化を知ることが出来たので最高評価とさせて頂きます。

出典:Amazon

コーヒーフィルター(円錐形)

STANLEY(スタンレー) クラシック プアオーバー グリーン ドリッパー

スタンレー新商品コーヒードリパーとマグカップ
さすがスタンレーの商品です。つくりもしっかりしてます。マグカップとの使いが最高に良いです。ただ少し大きく重いです。

出典:Amazon

ユニフレーム UNIFLAME コーヒーバネット cute(キュート) 664025

自宅で使っていますが、洗いやすくて手間いらずです
自宅で使っています。使ったあとはちょこっと洗って適当なところに引っかけておけばいいので、手間いらずです。
フィルターは、HARIO (ハリオ) V60用 ペーパーフィルター M1~4杯用 100枚箱入り みさらし VCF-02-100MKがちょうどいいです。

出典:Amazon

オールインワン

アウトドア・キャンプでの使用を目的とした運びやすく、コンパクトなオールインワンタイプ。手軽に本格的なコーヒーを楽しむ事ができます。

カフラーノ Cafflano コーヒーメーカー

オフィス使いもOK
会社でも美味しいコーヒーが飲みたいと常々思っていたところ、YOUTUBEでこの商品を知り、買ってみました。
給湯室でゴロゴロ豆を挽くのは、多少恥ずかしさみたいなものはありましたが、慣れてしまえば気になりません。
私は金属フィルターは使った後の豆の掃除が面倒で、いつもペーパーフィルターです。この商品は金属フィルターなのでうまいことペーパーフィルターがはまってくれないかなと思っていたところ、カリタのウェーブフィルターがいいとの情報を聞き、ウェーブフィルター155を買ってはめてみたところ、ほぼぴったりでした。豆を挽いてみてもウェーブフィルターからこぼれることはありません。豆を捨てる時も、ウェーブフィルターごとゴミ箱にポイできて楽です。
この商品で淹れられるコーヒーは300mlぐらいですが、コンビニのコーヒーぐらいでちょうどいいです。
難点は、蓋の部分にお湯を入れるのですが、この部分が熱くなってしまうこと、こぼして火傷する恐れがあることです。私も一度お湯を手にこぼしてしまい、痛い思いをしました。
そこを気をつければ、自分の好きなコーヒー豆からコーヒーを淹れることができ、仕事の息抜きに最高です。

出典:Amazon

こだわりのアイテムで美味しいコーヒー!

いかがでしょうか?

コーヒー、少しこだわるだけでお店で飲むような美味しいコーヒーを淹れることができます。

大人の趣味として、コーヒーこだわってみてはいかがでしょうか?

コーヒーですが、淹れ方も大事ですが何よりも大切なのはコーヒー豆です。コーヒー豆で味の9割が決まると言っても過言ではありません。

コーヒー豆の管理も大切です。おすすめの保存容器もご紹介しますね。

ぜひ、チェックしてみてください!



あわせて読みたい関連記事