Pocket

バーベキューをしている時に網や鉄板を持ち上げたり、ダッチオーブンで料理をするときに必要となるのがグリルグローブ。

高温になった網や鉄板、ダッチオーブンを扱うことができます。

「鍋つかみ」では扱えない

キャンプで一番気を付けないといけない怪我が火傷です。

鉄板やダッチオーブンで火傷した方に、よくよく聞いてみると「鍋つかみ」を使って火傷したと言う方が多い。

「家にあった “鍋つかみ“ を使ったが、鉄板やダッチオーブンの熱が想像より高く、持ってはみたが熱さに耐えきれず、手を離してしまって火傷をした」

家では「鍋つかみ」で大概の物を取り扱うことが出来ますが、炭火やたき火で熱しられた鉄板やダッチオーブンを取り扱うことは出来ません。

それほど、鉄板やダッチオーブンは高温になるってことですので、取り扱いには十分注意が必要です。

今回は高温になる鉄板やダッチオーブンを扱う上でマストとなるグリルグローブについて紹介します。

キャンプやバーベキューは自然が豊かな所でやることが多く、近くに病院がないことも多々あります。

まずは怪我しないようにしっかりと準備しておく必要がありますので、ぜひチェックしてみてください!

コールマン(coleman) ソリッドレザーグリルグローブ

スノーピークのと迷いましたが手のフィット感からこちらを購入しました。1000円程度の安物でも良いかなと思いましたが、やはり手首もガッチリ守ってくれるので細かいことを気にせず豪快に作業できるのでやはり少しおカネ掛けてもこれくらいのグローブの方が良いのではないかと個人的には感じています。

出展:Amazon

スノーピーク(snow peak) ファイヤーサイドグローブ

これ最高。火の付いた薪でも炭でもチョイ持ち出来る。
(↑自己責任でやってます。本当はやっちゃいけないと思います。)
当方手が大きい方ですが、しっかり指が入ります。もしかしたら女性には少し大きいかもですね。
そして二重グローブなので強いですね。
迷って買ったのですが正解でした。

出展:Amazon

グローバルスポーツ(globalsports) 耐熱グローブ

バーベキュー、焚き火用に購入。2個目。
革手、スノピ、その為メーカーも使っていたし、現在も使用中のものもあるが、これが一番いい。
熱した網、そこそこの炭なら掴んでも全く熱さを感じない。感覚的にはコレ〉スノピ〉革手。
鉄のフライパン、私はタークだけど、熱したそれを両手で持って歩いた時はやはり熱さを感じた、当たり前か。
色がオレンジなのもいい。子供たちがいると、大人が危ないものを扱っているんだよ、という意識付けもできる。また、小さい子なんかが、消防士さんみたい!という歓声を上げるときがあるが、そういう時は、熱さに耐えて頑張ってくれている方々はこれ以上の物を装備して働かれているのだ、という勉強にもなる。
コストパフォーマンスもいいし、2個目を買ったのは、友達にプレゼントするため。
それくらい、いい。

出展:Amazon

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アウトドア ソフト レザーグローブ

皮の手袋は雑に扱いたいものです。
高級品を遠慮して使うよりも、安いやつをガンガン使うのがいいです。
薪を掴む時に棘が刺さらなければいい。
ナイフを使う時に手が安全であればいい。
もしも熱さを感じるなら工夫すればいい。
アウトドアって不便を楽しむものだから。

サイズ感なんですが、自分の手を測ったら表示のサイズと同じでした(Sサイズ)
もうワンサイズ大きくてもいいなという感想です。
伸びるからいいかみたいな感です。
このアバウト感を楽しむグッズだと思います。

出展:Amazon

楽しいアウトドアクッキング、火傷をすると台無しになってしまいます。

子供から目を離さないのは勿論、高温の物を扱うためのアイテムをしっかりと準備して楽しんでくださいね。



【※】月1回は給油すると言う方はぜひ!
1リットルで驚きの2ポイントGET!




【※】キャンプ食材の購入にも便利!
最大10%還元の今がチャンス


≪PayPay iPhoneの方はこちら≫