Pocket

キャンパーの間で人気急上昇中のクッカーが本日ご紹介するスキレット。なんと言っても焚き火や炭火で使えるのが最大の魅力です。鉄製のため一般的なフライパンよりメンテナンスが必要となりますが、熱を効率よく食材に伝える事ができるので食材の旨みを最大限引き出すことができるのが特徴です。

今回は、まだスキレットを持っていない方に、スキレットの選び方と人気のあるおすすめスキレットを紹介致します。

ぜひ、チェックしてみてください!

スキレットの選び方

スキレットを大きさで選ぶ

まず、大切なのは大きさです。ソロキャンプなど1人で使うのか、ファミリーで使うのかによって選ぶ大きさがことなります。

大きさが違うと重さも違いますし、収納スペースも変わって来ます。何人前の料理を作る予定なのかをしっかりと見きわめてください。

目安としては、一人用なら、15cm程度のものを選ぶとよいでしょう。一人分の料理を作るのにちょうどいい大きさです。

ファミリーで使うなら、22cm〜25cm程度がおすすめ。大きな食材を調理することがだきるので、ファミリーにぴったりの大きさです。

蓋が付いてるかで選ぶ

無水料理が出来るように蓋がついてるとスキレットがおすすめです。ダッチオーブンのような使い方もできるので、料理の幅がひろがります。

取っ手が取り外せるかで選ぶ

収納スペースを縮小できます。また、料理時に取っ手を取っておくことで、取っ手が熱くなるのを防ぐことができ、火傷防止にもなります。鋳鉄製のスキレットだと特に取っ手が熱くなるので注意が必要です。

おすすめスキレット

ロゴス(LOGOS) 取っ手がとれるスキレット

キャンプに行く際少しでも荷物をコンパクトにまとめたいと思うはずですが、この商品は取っ手が外せるのでかなりコンパクトに収納できます。
使用した感想は、使う前にシーズニングをしっかり行えば焦げ付くこともなく調理でき、テーブルにそのまま置く際にも取っ手が取れるおかげであまり場所を取らずに大変使いやすいです。

出典:Amazon

スケーター 取っ手の取れる2WAY蓋付きスキレット

既に26と20cmのスキレットを使用しています。GWの3泊4日のキャンプに20cmの方を携行し、保冷剤がないので現地調達した豚肉と玉葱炒めなどの調理をしました。以前から厚手の鉄鍋とフライパンを利用しているので、その優れ具合は分かっていましたが、収納の際、ハンドルがあるため嵩張りました。今回こちらの商品を発見し、これだと思いました。商品到着は別品と合わさり、注文した次の日で早くて驚きました。
到着後、鍋の小ささ(16cm)に目を細めてしまいましたが、シーズニングのため玉葱炒めをしましたかま1人前の料理には丁度よい大きさではないかと思いました。これ位だと登山に持参しても抵抗のない大きさおもさだと思っています。なお、重さについては26cmを降っているため、こちらは軽く感じますが、初めて鉄鍋を使う方からすると大変重い。しかし、油の使い方を適切にすると、焦げ付がまったくないことと、蓋をすることで、無水鍋的にもなり、料理が美味しくなること間違いありません。

出典:Amazon

コールマン(Coleman) クラシックアイアンスキレット 10インチ 2000021880

「ローストビーフが作れます」「肉が美味しく焼けます」のような内容は、他のホームページやレビューにお譲りします。非キャンプ用途でこちらを使う最大の利点は、「強火調理ができる」ことに尽きます。
どういうことか?クックドゥを例に説明します。クックドゥの商品説明では、食材を2回に半分ずつ分けて炒めるような表記があります。これはなぜか?食材を一気にフライパンに入れると、フライパンの熱が食材にあっという間に奪われてしまい、フライパン表面からは本当の強火が得られないからです。これは、業務用バーナーが使えない家庭の泣き所です。ところが、コールマンのスキレットは肉厚で熱を蓄える分、一度油煙が上がるまで加熱してしまえば、それなりの量の食材を投入してもそのまま強火での調理が可能です。野菜も、歯ごたえを残したままの中華料理屋さんのような炒めものを作ることが可能です。

出典:Amazon

ユニフレーム スキレット 10 661062

鋳鉄とは違う黒皮鉄板製のスキレット。割れない。洗剤が使えるのに金タワシも金属ヘラもガンガン使える。もはや鋳鉄のスキレットに戻る理由が見当たりません。

3-4人前のパエリア、ハンバーグ4枚、大きなステーキ、餃子たくさん、お好み焼き等、色々出来ます。個人的にはアジアンチキンライスとか、ハニーガーリックチキンが鉄板メニューです。鉄板だけに…

蓋と本体で約2.7kg コレに調理する為の食材が入れば、多い時は3.5kg程度にもなります。男性でも片手で振り回すのは困難な重さですが、コレはあくまでもスキレット。フライパンではありません。無理に振り回さずコンロに置いたまま調理しましょう。

ダッチオーブンじゃなくてもこのスキレットで事足りるケースがやたらと多く、最近では大きくて重く 手入れに一手間掛かる鋳鉄ダッチオーブンは全く使わなくなりました。人にもよるだろうけど。

本製品は扱いやすいだけじゃなくて、作りの良さで見た目もマルなので、道具としての愛着すら湧きます。

別売の純正ハンドルカバーと純正収納ケースも良品。スキレットとセットで使う事で使用感が更にUPするので、迷わず同時購入する事をオススメします。

出典:Amazon

いかがでしょうか?

近年、注目を集めているスキレット。まだ、ゲットされていない方は、ぜひ、チェックしてみてください!



あわせて読みたい関連記事