Pocket

ツーリングとキャンプが同時に楽しめるキャンプツーリングが人気を得ています。

車とバイクの違いは、何と言っても積載量です。

バイクだと積載量が限られているため、キャンプアイテムには、コンパクトさと軽量さが求められます。

今回はキャンプツーリングにぴったりなタンクバックをご紹介します。

貴重品など、バイクから離れる時にサッと持ち運べるタンクバック、使うととっても便利ですので、ぜひチェックしてみてください

コミネ(KOMINE) バイク用 ツーリングタンクバッグ 5.2~7.8L SA-214 814

防水カバーなくても大丈夫
このタンクバックは250㏄クラスじゃ飛ばされませんし、スマホや音楽プレイヤーを入れるスペースはカバーなくても防水なので、正直、カバーはなくてもいけます。

使用用途によって変わってくると思いますが、キャンプなどされる方にとってタンクバックは普段はカバーつけませんから。カバーの付け外しはめんどくさいので、それが面倒な方は、最初から防水のタンクバックを購入されるはずです。
こちらの商品は安価で品質のいいものではありますが、防水面で劣りますので。

中には濡れても問題ないものを入れれば全く問題ありません。少々の雨じゃ中まで濡れません。
程度によると思いますが。

結論として、バイクで雨の日に乗るなんて、通勤以外でほとんどない(わざわざ雨の日に乗る方もいない)と思いますので、それを考えたとき、便利の良いタンクバックだと思います。

それと、タンクバックが原因の傷について
結論、傷つきますw
どう対策取るかというと、100均で薄っぺらいゴムマットみたいなのが売ってあります。
それを好きなように加工すれば傷に関しても全く問題ありません。
そこで磁石の吸いつき弱くなるんじゃないの?と疑問に思うかもしれませんが大丈夫です。
付属の赤い帯のような紐をハンドルと連結させるだけで、もう大丈夫。

今では旅のお供です。よきバイクライフを。

出典:Amazon

タナックス(TANAX) スラントタンクバッグM モトフィズ(MOTOFIZZ) ブラック MFK-084(容量5.1ℓ)

邪魔をしないサイズ感が素晴らしい
バイクに取り付けるタイプのバッグは取り付けた際のバイクとのバランスはつけてみるまではわかりませんが、私の2017年式CBR250Rには見た目も違和感のない素晴らしいサイズ感でした。
ややコンパクトに収まっている分、入る荷物はそれほど多くありません。
それほど財布やスマホ、タブレットに手帳といった携帯することの多い基本的なツールはしっかりおさまります。
タンクバッグは初めてでしたので、走行中にずれたり脱落したりといったことが不安でしたが、見た目に似合わずしっかりとした磁力で100km/hで走っても全くずれる様子がありません。非常に頼もしいです。
こちらを購入したおかげで、リュックが必要なくなりました。走行スタイル的にもすっきりしていると思います。

欲を言えば、雑誌等も入るぐらいだとよかったのですが、コンパクトさを損なわないためには仕方ないですね。

出典:Amazon

GIVI (ジビ) バイク用 タンクバッグ 6L スマホホルダー付き マグネット固定 EA106B 94359

コンパクトで良いです
低いのでライディングの邪魔にならず尚且つスマホ5インチも入るので満足しています。
私の場合はリアにトップケースとサイドケースもつけてあるのでタンクバッグは財布とスマホと缶コーヒーだけ入ればいいので十分なんです。
それにしてもこのデザインは気に入りました。

出典:Amazon

タナックス(TANAX) タンクバッグGT モトフィズ(MOTOFIZZ) ブラック MFK-001

大きすぎず、小さすぎず丁度いい大きさで、とても使い易いです。
マグネットが強力で、高速走行でも安心感があります。マグネット収納ポケットが付いており、未使用時はスッキリ、かつ収納時はマグネット同士が重なり合うので磁力が落ちません。サイドポケットが便利で、特に右側のサイドポケットはコインホルダー(500円/100円/10円)が付いていて、ETCが付いていない私のバイクにはとても便利です。A4サイズくらいの物が入ります。トップのクリア部分には12.9インチのiPadが入ります。(夏場は高温になるので要注意ですが)
上面に付いている赤いゴムヒモは、グローブなどちょっとしたものを引っ掛けるのに便利です。
少しですが、容量も増やせられるので、出先でのちょっとしたお土産を買った時は重宝します。大きすぎず、小さすぎず丁度いい大きさで、機能性も充分で、コストパフォーマンスに優れていると思います。

出典:Amazon

タナックス(TANAX) MOTOFIZZ タンクバッグ ライトスポルトタンクバッグ ブラック MFK-258

コスパ良し
モンキー125にリアキャリアを装着していないので
(シート後部のホワイトレターHONDAの文字を隠したくなくて笑)
探していた小振りなタンクバッグ。
モンキー125のタンク上面にピッタリとフィット。
マグネット留めが前後2箇所なのでペタっとタンクに装着可能。
収納も考えていた以上に入れられる。
画像はパンク修理材、拭き上げウエス、発煙筒、ガーバーのナイフを入れた
ツーリング使用時のタンクバッグ。
透明ビニールのフタ面内側にも隙間があり、給油カードを入れて置くにも便利。

出典:Amazon

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) ライダーズ タンクバッグ MINI マグネット式 2秒で取り外し (容量7ℓ) DBT440-BK W230 x L(D)220 x H75mm (バッグ本体)

タンクバックらしくなくてかわいいです。
ちっちゃくて運転のじゃまになりません。マグネットも強力でベルト無しでつけていても安心感がある感じ。2秒で外れるけど、取り付けは面倒くさいんじゃないかと疑っていましたが、差し込むベロ(?)が固いので、そこまで面倒じゃないです。(さすがに2秒とはいきませんが。)ただ、バックの大きさに比べて、マグネット部分が大きすぎる気がします。CBRのタンクからは少しはみ出してカッコ悪いかな…バックからマグネットを離しておきたいということでしょうか。レインカバーが片手でつけられたら満点です。

出典:Amazon

タナックス(TANAX) タンクバッグ モトフィズ(MOTOFIZZ) マグレス5500S /ブラック MFK-188(容量5.5-11ℓ)

購入して正解です!
サイズ: 9.0~17L
量販店よりお安くアマゾンで購入することが出来ました。
今まではマグネット式タンクバックを使用していましたがタンクが傷付くのが嫌でこちらの商品に買い替えました。
付属の吸盤で強力に固定出来ます。
しかも吸盤の位置を何ヵ所かに替えることも出来るので色々なタンク形状に対応出来ると思います。
落下防止用の紐も付属しているので安心ですね。
スチールタンク以外に樹脂タンクやタンクカバータイプにも使用出来るので万能なのではないでしょうか。
自分的にバックの容量は大き過ぎず小さ過ぎず適度な容量ですね。
迷ってる方は買って損は無いと思いますよ。

出典:Amazon

いかがでしょうか?

もちろん、キャンプツーリングだけでなく、ツーリングやお買い物の時にも活躍してくれるアイテムです。

もし、まだ持っていないのであれば、ぜひ、チェックしてみてください!



あわせて読みたい関連記事