Pocket

公園や海岸、デイキャンプにも使えるファミリーに人気のポップアップテント。

ホームセンターでも売られていて、簡単に購入できるゲットしやすいアイテムです。

ただ、ポップアップテントもメーカーによって特徴が違います。長く使うものですから後悔しないようファミリーの使い方にあったポップアップテントを選ぶ必要があります。

今回は、ポップアップテントの選び方とおすすめのポップアップテントを紹介いたします。ぜひ、チェックしてみてください!

ポップアップテントの選び方

クローズできるかできないか

ポップアップテントの出入口部分を閉められるか閉められないかをチェックする必要があります。子供の着替えなど、回りからの視線を遮断したいようなシーンが想定できる場合は、開閉できるタイプのポップアップテントがおすすめです。

片付けやすいか運びやすいか

簡単にパッと片付けられるタイプのものと、コツがいるタイプにわけられます。折り畳み傘のようにフレームのあるものの方が、簡単に片付けられます。ただ、その分重量は重くなってしまいます。フレームのないものの方は片付けるのにコツが必要となりますが、重量は軽いです。

おすすめのポップアップテント

FIELDOOR ポップアップテント フルクローズ 

運動会とかで、グラウンドの端っこで日陰を確保するのに、重宝します。
開くのは袋から出すだけでワイヤーが伸びてくれるので、簡単に設営できます。底はキッチリ引っ張って付属のペグで固定しましょう。
ペグ刺しておかないと、軽いので弱い風でも動きますので注意。
そして、たたみ方も、最初にビデオで見て覚えれば、コツというほどでもないくらい、簡単にたたむことができます。私は一回で出来ました。
大人が中で寝転がるには少し狭いような感じがしますけど、足を出して頭を日陰にするならちょうどいいですね。
手前側もクローズできるし、奥のほうもジッパーで開いたり閉じたり。
ゆっくり休むには、別に何かマットを用意しておいたほうがいい気がします。

出典:Amazon

山善 キャンパーズコレクション ポップアップテント

公園で簡易なBBQをしようと思い購入。
結果大正解でした♪

・広い公園といえどレジャーシート1枚は回りの目が気になる。
・下の子はまだおむつなので度々遠くてあまり綺麗はない公園のトイレで変えるのは手間。
・少し離れた所に散歩やフリスビー等をやるときに貴重品だけ持って手軽に行きたい。

↑が全て解決します。
(ラストのは自己責任ですが(–;))

当日はダイソーの300円コンロでBBQを楽しみ、
フリスビーや遊具で疲れたら風通しの良いテントで大人2人♀、5歳、1歳でごろ寝。

拠点があるだけで公園遊びがかなり楽になりますね。
前後にネットがあって軽量なテントはあまりないのでおすすめです。

これがこのテントで全て解決。

出典:Amazon

ロゴス(LOGOS) サンシェード ポップアップテント フルクローズ

可愛くて気に入りすぎたので室内用。外で使うのはほかのものを買いました。

出典:Amazon

ロゴス(LOGOS) ソーラーブロック ポップフルシェルター 71809033

ANION テント ワンタッチテント

災害時用に購入しました。

最近、自然災害がやたら多くて、他人事だと思っていたら駄目だと思い、
準備出来るものはちゃんと備えておこうと思い購入しました。
避難所とかの報道を見ていると、プライバシーが無く大変そうなので、
テントがあれば何かと重宝しそうです。

家の庭で広げてみました。
ワンタッチテントというだけあって、簡単に設営できました。
出入口のジッパーもひっかかりなくスムーズに開閉できました。
テント内、思ったより広いです。
大人4人寝るのはなかなかキツイかもしれないですが、緊急時なら全然ok十分です。

ランタンまで付いていてテント内にひっかけて使用できるところも便利です。
雨の日は使用してみていないですが、防水で撥水加工もしてある。という事なので
その効果に期待したいです。

収納するのが苦手なので、かたづけは若干時間がかかりましたが、2回目、3回目とわかってくると
もっと簡単に素早く出来るようになると思います。

非常時すぐ出せるように玄関収納に入れています。
お値段以上の良い商品だと思いました。

出典:Amazon

DOD(ディーオーディー) ピクニック用シェードテント

なんといってもコンパクトで軽量。
少々ほかのサンシェードテントより値がはりますが、バイクのメットインに入れられる大きさ。(当方はPCXですが、リードでも入るでしょう。)
なのに設置面積は結構広いです。
ペタンクをしによく公園にいくのですが、簡単に日陰ができるので助かります。
頑張れば大人4人でマージャンができそうです。

出典:Amazon

いかがでしょうか?

公園やピクニック、デイキャンプにも使えるポップアップテント、長く使うアイテムとなるので、それぞれの特徴をよく理解した上でどのアイテムが自分達のスタイルにあったものなのか、よく考えてから購入してくださいね。



あわせて読みたい関連記事