Pocket


キャンプサイトを明るく照らしてくれるライト。

夜、時間が過ぎるのにつれてランタンの火がひとつ、またひとつと消えて行くと辺りは驚くほど暗くなっていきます。

そんな中、トイレに行ったりすると「あれ、うちのテントどこだっけ?」と大人でもなってしまうことがあります。子供だとなおさらです。

特にキャンプシーズンだと、たくさんのテントがあちらこちらに設置されていて、区画整備されているキャンプ場でも迷う事もあります。

一昨年、シャワールームからの帰りに迷っている9歳の男の子がいて、一緒にテントを探した事もあります。どうもパパから「先に戻ってな」と言われ、迷ってしまったみたいです。

こんな事もあるので、デコレーションライトをテントやタープにつけて、ランドマークにすることは、もはやファミリーキャンプではマストではないでしょうか。

わが家でも、この件をうけデコレーションライトをつけるようにしました。

デコレーションライト、大別すると電池式とソーラー式に分類するのことができます。

見た目もかわいい、おすすめのデコレーションライトを電池式・ソーラー式と紹介致しますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

定番の電池式

キャンプでテント周辺の飾りに使っていますが、子供たちのテンションがあがります。
LEDの色が昔のサーカスやメリーゴーランドのような(?)落ち着いた温かみのある電球色ですし、光量もいい意味で必要以上に明るいこともないので、とてもよい雰囲気になります。
点灯と点滅の2モードがありますが、点滅はもうすこしゆっくりだといいかも。
テント周りに使うと4メートルの長さだと意外と短く、ガイロープに絡ませるのであれば複数購入されたほうがよいです。

商品名では防水とうたっているものの、電球部分、電池ボックスともにとても「防水」といえるものではありませんが、野ざらしで放置し夜露で濡れること数回を経ても元気に光ってくれていますので、直接雨の中で使うようなことがなければ問題ないと思います。
気になる方は電池ボックス部分をジップロックに入れるなどするよいです。

また、元の箱に収納するのは相当面倒ですので、キッチンペーパーの芯にグルグルと巻きつければ設営、撤収がとても楽になります。

安くてよい買い物でした。オススメです。

出典:Amazon

キャンプの時の照明兼イルミネーションとして購入してみました♪
届いた時に思ってたより小さいなと思いましたが、いざ使ってみるとけっこう明るくてよかったです!
値段もサイズもコンパクトながらもここまで活躍してくれるとは思わなかったので満足しています!
キャンプ仲間にプレゼントしようかなと検討中です♪

出典:Amazon

安かったのであんまり期待してなかったのですが、中々満足です。何色もライトの種類があって気分で変えられるのが好い感じです。可愛いです。

出典:Amazon

キャンプの時にテントの目印用のイルミネーションとして購入しました。
先日は、あいにくの雨だったので念のため防水の電池ケースにさらにジッパータイプの袋をかぶせて使用しました。
点灯パターンが色々有るので、その時々のシーン、例えば誕生日会やハロウィンなら点滅、焚き火でまったりなら点灯などと使い分けられていいと思います。
他の方のレビューにも有りましたが、タイマーのセット時間がよくわかりません。焚き火の火が小さくなるまでまったりするのでタイマー自体は必要なかったのですが、説明書があれば嬉しいかなと思います。
昼間は、ランプシェードの色味が「真っ新な銅の色」なので違和感があるかと思いましたが、低い位置に飾らなかったので気になりませんでした。
昼間はガーラントとの組み合わせ、夜はキャンドルライト(ペグ位置用)との組み合わせでキャンプ場に来ていた他のグループの女性や子供たちから好印象だったみたいで「可愛い」と声を掛けられ満足でした(笑)

出典:Amazon

星の形も発色の色も気に入ってます。
お部屋に飾りました。オシャレ感がUPしてインテリアに取り入れてよかったです。
電池なので、電源の配線などを気にしなくてよく、どこにでも飾れるので、気分で変えてもよし、模様替えしてもアイデア次第でいろいろ使えそうです。

出典:Amazon

コスト的にも大満足。
子供も大喜び!
次のキャンプが待ち遠しい。

出典:Amazon

ソーラー充電式

とても明るく光ります。ボール型なので、光が柔らかいです。LEDのみの点発光のイルミネーションとは違います。
小さなソーラーパネルで50球のLEDランプを点灯させるので、点灯時間は短いのではないかと危惧しておりましたが、結構長時間点灯しています。日中晴天であれば、翌朝まで大丈夫でした。あとは内蔵バッテリーの寿命がどうかですが、こればかりは使い始めたばかりなのでわかりません 庭の生垣に付け使用。コードが見えにくくていいです。ゆっくり光るパターンが気に入ってます。。

出典:Amazon

梅雨の曇りがちの日に設置しましたが、午後からの日照で十分明るく夜中光っていました。
光り方のパターンもいくつかあって、つきっぱなし・点滅の速さが選べます。軽くて落としても簡単には割れないので取り付けもしやすいと思います。他の方は暗くなると自然に点灯すると書いてありましたが、うちの場合はその都度スイッチを押す必要がありました。

出典:Amazon

明るさと点灯パターンなど、実際に手元に来てからでないとわからないものですが、まぁ、こんなもんかなと思いつつ今のところ不具合もなく使用中です。

出典:Amazon

日中に太陽光を蓄電し、暗くなると自動的に灯るライトです。
「冷光」タイプと迷いましたが、温かい感じを求めて「暖光」を購入。玄関ポーチに設置したところ、とても美しい橙系の発色で、帰宅時にほっこりします。12個入りを買ったのですが、狭い庭には十分で思っていたより贅沢に設置できました。12個もあると少々不安でしたが、幸いに不良はなく、全てきれいに灯っています。以前に100均で太陽光タイプのライトを買った際は、晴天の日以外は灯らなかったりしましたが、こちらは雨の日でも今のところ灯ってます(ただし、光っている時間は短くなるようですが)
太陽光充電池は寿命があるかと思いますが、ダメになったらまた購入したいと思います。

出典:Amazon

100均(ダイソー)で売っているものと見た目(色やアルミカバーの有無は違うが)は同じです。
しかし、値段が1.7~1.8倍の違いだけで、性能は大きく異なります。
一番違うと感じたのはバッテリー性能です。
100均のが5時間もたないくらいなのに対して、この商品は8時間以上もって朝まで点灯しっぱなしです。
もしかしたらソーラーパネルの差かもしれませんが、わざわざテスターで測るのは面倒なので不明です。
防水性能はどれくらいかわかりませんが、あまり期待しない方がいいと思います。
昔100均のを接着剤と粘土で密封してみましたが、半年くらい経ってから中をみたら湿っており、電池周りが錆びていました。
よって、無駄な努力はせずに、点灯しなくなったら交換する感じでいいと思います。(長期は期待しない方向で)

設置するとき、花壇や畑等の土が軟らかいところはいいですが、硬いところは一度何かで穴をあけてからの方がいいです。
何故かというと、無理に差し込むとステークが折れたり、サポートロッドにめり込んだりするからです。

評価は☆5ですが、あくまでこの値段だからこそです。
耐久力や防水に期待するのはやめた方がいいです。
自分は3本使用してて、残りの9本は壊れた時の予備だと思ってます。

出典:Amazon

使いやすい!のひとことです。
砂の庭なのでとても突き刺しやすかったです。天候のいい日は特にきれいに点灯していると思います。

出典:Amazon

最後の3つは地面に埋め込むタイプ。

わが家では、夜見えにくくなっているロープに足をとられないよう、ペグを打ったそばに置いてますが、効果てきめんですよ!

いかがでしょうか?

実はとっても実用的で、おしゃれ感もアップするデコレーションライト、おすすめのアイテムとなります!


WAQ LED ヘッドライト

視野が広く驚くほど明るいヘッドライト。使いやすさにも徹底的にこだわり、手をかざすだけでライトのオンオフを切り替えられる機能搭載。手袋をしたままでも操作できます。

夜道を歩く際に両手がフリーになるのでとっても便利。夜ご飯の後、食器を持って炊事場に行くときにヘッドライトの便利さを実感できますよ。

ぜひ、公式サイトでチェックしてみてください。


WAQ LEDランタン メインランタン~テントランタンまで幅広くカバー

WAQ LEDランタンは、明るさ(光量)だけでなく、色温度(昼光色、昼白色、電球色)も選ぶことが出来る優れもの。キャンプシーンにあった使い方ができます。

また、充電式のためモバイルバッテリーとしても使用でき、いざという時のスマホ充電も可能です。

コンパクト・軽量でありながら、最大1000 lm の明るさを実現している高機能ランタン。とっても使い勝手のよいランタンです。

ぜひ、公式サイトでチェックしてみてください。

キャンプ場でもコロナ対策!人気のおしゃれマスクでキャンプを楽しもう!

キャンプ場でもコロナ対策は必要です。予防もそうですが、うつさない事が何よりも大切ですね。

コロナ対策で重要なアイテムの一つとマスク。こだわってますか?

毎日使うものだから、服にもあうおしゃれなこだわりのマスクをしたいものです。

そんな方におすすめなのがこちらのマスク!

繰り返し使え、素材、デザインにもこだわったマスク。女性へのプレゼントにもぴったりです。

ぜひ、チェックしてみてください。


あわせて読みたい関連記事