Pocket

キャンプの醍醐味である焚き火。体を暖めてくれたり、料理が作れたり、心を落ち着かせてくれます。

焚き火に必要な物といえば薪です。キャンプ場やホームセンターに売っています。

薪も種類や形、長さ等まちまちのため加工が必要になる場面が多々あります。

そんなときに活躍してくれるのが、今回紹介いたします『ノコギリ』です。

薪を割るのには斧が便利ですが、ノコギリがあるとより快適に焚き火を楽しむ事ができます。

ノコギリが必要なシーンとおすすめのノコギリを紹介するので、ぜひチェックしてみてください!

ノコギリが必要なシーン

ソロキャンプ用の焚き火台を使う時

最近のキャンプ場では直火が禁止となっている所が殆どで、焚き火台を使って焚き火をするのがスタンダードです。焚き火台もいろいろなメーカーから発売されていて、キャンパーがこだわるアイテムの一つです。

焚き火台、ファミリーキャンプ用の焚き火台ならあまり気にする必要はありませんが、ソロキャンプ用の焚き火台は持ち運びやすさやソロ用と言うこともありコンパクトなため、薪が長すぎて使い辛い。

ノコギリで薪を短くする必要があります。

木目に沿って切るぶんには斧でいいのですが、横に切る場合はノコギリが必要となります。

薪が長すぎて斧で割れない時

薪が長すぎると斧で割れないことがあります。そんなときには、ノコギリで短くすることで、割りやすくなります。ノコギリがあると焚き火がとても快適になります。

キャンプにおすすめなノコギリ

サムライ 騎士 240mm 折込 剪定 鋸 FC-240-LH

切り粉がすごい!
生木でも広葉樹でもザクザク切れます!
一回のストロークで切り粉(切り屑)がザクザク出てくるので、めちゃめちゃ削られているのがわかります。
直径12cmの生木の杉が、今まで使っていたノコだと5分位はかかっていたかもしれません。
サムライだと半分以下。
シルキーボーイと悩みましたが、某アウトドア系YouTuberさんのレビューでこれに決めました。
主に庭木の剪定と、キャンプでの薪用です。
24cmを買いましたが、薪の切断程度だと21cmか18cmでも十分だったかと。
低い位置で切っていると刃がカーブしてるが故に地面に緩衝してしまう。

出典:Amazon

シルキー(Silky) 折込鋸 ビッグボーイ2000 356-36

驚く切れ味と絶妙な歯とハンドルの角度、で硬い木でもどんどん切れます。
直径30CMのサルスベリを切るのにチェーンソーのレンタルを考えていましたが、高い場所でチェーンソーを使うのは危険だろうし、時間をかければ切れるだろうとこの商品を注文してみました。
カーブソーというものを初めて使いましたが、直径5センチ程度の枝は、2往復させるだけで切れてしまうような切れ味です。30CMの木も難なく切れてしまいました。両手で握れるように書いてありますが、片手でもこのグリップの絶妙な角度のせいなのか高いところの枝などで力が入らないところで簡単に切れてしまいます。耐久性が悪いのかと思いましたが、30CMを三本、枝をたくさん切りましたが今の所全く衰えません。チェーンソーのレンタルを考えたらもう元が取れてしまいました。替え刃も購入できるようですし、これはすごい商品です。日曜大工用に別のタイプを買うつもりです。

出典:Amazon

シルキー ゴムボーイ 万能目 240mm

高齢の母でも簡単に紅葉の木を切れました
実家の母(70代)が木を切るのこぎりが欲しいというので、取り扱いが簡単そうなこちらの商品を注文しました。かなり太くなっていた紅葉の木を根元から簡単に切ることができたとの報告がありました。高齢者や女性でも使いやすいノコギリだと思います。

出典:Amazon

タジマ(Tajima) ジーソー240 刃渡り240mm GK-G240

堅い。
普通鋸は切れなく成った際に目立てを行う必要性があるので、ヤスリ
(硬度60~68HRC)よりも軟らかく(HRC51~57ぐらいの硬さで)作る物
だが、タジマを含めた最近の鋸は刃先に衝撃焼き入れをして在り、非
常に堅い。タジマG-SAWは硬度が67HRCも在る。

鋼のヤスリでは刃が立たないので目立てをする際にはダイアモンドのヤス
リが必要に成る。鋸が堅いと横からの力に弱く、捻った時に折れやす
いが、縦からの力や摩耗に対しては強く、硬い木でも良く切れると云
うことでもある。

出典:Amazon

いかがでしょうか?

ソロキャンプ用の焚き火台を使うとき、ノコギリさえあれば薪の大きさなど気にする必要はありません。

ノコギリ、一本持っていると焚き火をより楽しむ事が出来ます。ぜひ、チェックしてみてください。


あわせて読みたい関連記事