Pocket

秋冬キャンプを快適に過ごすために必要な毛布。

寒い時に羽織ったりひざ掛けとして使う事で寒さから体を守ってくれます。

寝る際に、寝袋の上にかけることで、暖かさがグッとあがります。

もちろん、キャンプだけでなく、車中泊にも使えますし、災害時の備えとしても準備しておきたいアイテムです。

我が家では、夏キャンプ時にも寝袋の代わりに毛布を使ってます。

寝袋だとどうしても暑くて眠れなくてここ数年はずっと毛布で過ごしてます。

コンパクトに収納する事ができるので、持ち運びも楽なため、とても重宝してます。

今回は、キャンプや車中泊におすすめの毛布を厳選して紹介します。

利用シーンを考えながら、ぜひチェックしてみてください。

LHS Charmer 寝袋 インナーシュラフ インナーシーツ ブランケット

暖かい
薄手ですが中に入るとすぐにポカポカしてくるような暖かさです。キャンプの時シュラフのインナーに使おうと考えて購入しました。まだ試していませんが期待に応えてくれそうです。収納時はそこそこの大きさです。ファスナーはしっかりしたもので、動きも軽いです。ダブルになっており足元だけ開けて暖かさを調整できるので、夏のキャンプでも活躍しそうです。

出典:Amazon

KozyMore 封筒型 超軽量フリース寝袋

商品が届いた日に早速車中泊でシュラフのインナー寝袋として使用。真夜中車の中の温度計の支持はほぼ零度に近い。それでも中はホカホカとまではいかなくても十分寒さをしのげる暖かさ。今まではシュラフのなかにフリース風の薄い毛布を入れて使っていましたが寒さに耐えきれず車中泊を断念したことがありますが、今回の製品は最後まで車中泊オーケーでした。車から出ると車体についていた水は凍っていました。真冬でも十分通用する製品です。もっと早く手に入れれば良かったと思います。

出典:Amazon

ATEPA(アテパ) マルチプル ダウン ブランケット 超軽量

厳冬期のキャンプで、手持ちのシュラフだと若干寒いときがあるので、サポートに使えないかと思い購入。
足下だけ絞ってシュラフにかぶせるようにして、首の方は掛け布団のように使うと、ズレないし足下は暖かいしで快適です。畳むと小さいのに、広げると思ったよりボリュームがあって、暖かさも問題無し。
スナップ留めてマントのようにも使えるし、膝掛けにも成るし、とても便利です。

出典:Amazon

KingCamp ブランケット 防寒 マルチケット

とにかくめちゃくちゃコンパクトに収納できます。
それなのに暖かくて大きいのが特徴です。
キャンプや車中にこれ1つあればかなり活躍してくれます。
ポーチと一体型なので、ポーチが無くなる事も無いです。

出典:Amazon

sledar(スレダー) 毛布 掛け毛布 ひざ掛け 羽織れる ふわふわ 丸洗いOK 抗菌防臭 防ダニ加工 北欧風 秋冬 (130x160cm,ピンク)

フッカフカのモッフモフの毛布
カラー: 淡青色サイズ: シングル(150x210cm)
パッケージを開けて触った時からモフモフの虜になりました。しばらくはリボンをかけたままでクッションのように使っていました。手触りが猫毛のような柔らかさでぬいぐるみのように可愛いです。
冬はいつも暖房を起床の30分前から入れないと起きられなかったのですが、初めて毛布としてかけて寝た次の朝、身体が芯まで温まり、暖房なしで起きられたのでびっくりでした!今も、暖房なしで起きています。
高性能ポリエステルということですが、私は化学繊維には、懐疑的で衣類も化学繊維のものはなるべく避けているのですが、この毛布には化学繊維のイメージを覆されました。
お友達やご両親へのプレゼントとしても喜ばれること間違いなしと思います。
長く使っていくとどうなるのかまだわからないですが、家の洗濯機で洗えるし、大事に手入れしながら長持ちさせたいです。

出典:Amazon

普段使いから車中泊、災害時の備えとしても使える毛布。掛けたり、くるまったり、敷いたりと好きに使えます。

利用シーンにあったぴったりの毛布を見つけてくださいね。


あわせて読みたい関連記事