Pocket

キャンプは楽しい反面、テント、タープ、テーブル、イス、キッチン用品などの準備など、知らず知らずと疲れちゃうものです。

そんな疲れを次の日に残さないためにも、睡眠がとても重要となります。

マットや寝袋など準備されるかたは多いのですが、枕を省略してしまうキャンパーがとても多くいらっしゃいます。

枕は良い睡眠には欠かせないものであることは言うまでもありません。

今回は、キャンプで使えるおすすめの枕について紹介したいと思います。

上質な睡眠で疲れを翌日に持ち越さず、楽しいキャンプライフを過ごしてください!

高さも調節できて、キャンプに持っていきましたが、とても心地よく眠ることができました

https://www.amazon.co.jp/

海外出張が多く、海外のホテルの枕の高さで首を痛めた事があり悩んでいたところこの製品を発見。
早速購入しましたが、空気の入れ具合で高さ調節出来非常に助かります。
強度も十分です。ホテルに備え付けのタオルを巻いて使用しております。
滑ることもなく使用できております。持ち運びもでき重宝しております。

https://www.amazon.co.jp/

妻、自分用の2つ所有しています。
この商品の競合はコールマンのインフレータブルピローあたりと思います。その中で実際に比較使用し、倍近くの値段であるこの枕にした理由を記載します。
1.中綿(フワフワな部分)のカサが違う。
2.裏面がベロア風の生地で、マットから滑り落ちにくい。
3.スノーピークにしては安い価格設定。まだ適正な範囲かと。
4.設置の簡単さ。フタ外してポイするだけ。
5.コールマンの明るい黄緑枕が苦手で、落ち着いたブラウンがお洒落。
6.キャンプに限らず、職場での仮眠その他様々な行動に使える。

コールマンの枕ですと、ただの風船の様な食感で、寝るときに快適なポイントが定まりません。キャンプにおいて、「睡眠」という行動はかなり重要な物と個人的に思います。睡眠がダメだったキャンプは失敗とも。翌日キツイですもんね。その睡眠のためにはお金をかけるべきであると思います。

https://www.amazon.co.jp/

バルブを開くだけで丁度よい高さに膨らむため簡単です。
自身で空気の量を調整することもできます。表面は触り心地良く、またウレタンが中にあるので、エアピローよりも寝心地は大変良いです。ただしウレタンが中にある分エアーピローよりも、畳んでも大きくかさばります。寝心地を選ぶか収納力を選ぶかです。

https://www.amazon.co.jp/

キャンプにて使用しましたが、カバーは触り心地がよくて、快適に眠れました!バルブがしっかりしているので、背当てや腰の下に敷いても空気漏れや壊れることはありませんでした。お値段以上に使えて、良い買い物が出来ました。

https://www.amazon.co.jp/

キャンプにおいて、忘れがちな枕。家用だとよごれてしまったり、持ち運びにかさばったりしてしまうので向いていません。

帰りの片付けもあるので、しっかりと良い睡眠をとってリフレッシュしてください。



【※】月1回は給油すると言う方はぜひ!
1リットルで驚きの2ポイントGET!




【※】キャンプ食材の購入にも便利!
最大10%還元の今がチャンス


≪PayPay iPhoneの方はこちら≫