Pocket

キャンプ時のマイホームであるテント。大きさや形など、さまざまなものが各メーカーから発売されています。

価格も数千円のものから何十万円とピンきりとなります。

ここでは、初心者ファミリーにおすすめなテントを厳選して紹介します!

コールマン(Coleman) ラウンドスクリーン2ルームハウス

まずは、こちら!我が家でも使っているコールマンのラウンドスクリーン2ルームハウス。

2ルームテントとは、その名の通り2つの部屋(リビングと寝室)があるテントのことです。

通常リビングは、タープを使って作りますが、こちらのテントなら一体となっているのでタープは不要です。タープを設営する手間も省けますし、タープ(屋根だけ)と違いスクリーン(壁)があるので、他のキャンパーから「丸見え状態」も回避できます。

何しろタープ購入のコストも省けるので、とっても経済的です。このテントがあれば、急な雨でも慌てる必要はなくなります。

また、オートキャンプの場合は、区画も限られているのでテント+タープを設置する場合に比べ、少ないスペースで設置できるのもうれしいですね。

「リビングがある分、通常のテントより設置が難しそう」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、安心してください。

コールマンは、設置方法、片付け方法をとっても分かりやすくユーチューブにアップしてくれているので、初心者でも簡単に設置・片付けができます。

スノーピーク アメニティドーム

ハイスペックなアイテムを展開していて、アイテムを持つことがキャンパーの憧れにもなっている日本メーカーのスノーピークからはこちら、アメニティドームM。

風を考慮して高さを最大限低くしているため、強風や突風が起きているコンディションでも安心して使用できます。

snow peak

また、雨にも強いのが特徴で、 耐水圧は「1,800mmミニマム」。ミニマムと言うのはスノーピーク独特の表現で、テントのどこを計測しても最低でも1,800mm はあることを示してます。

インナーテントとフライシートを合わせる場所が、同じ色のテープが使われているので、どことどこをつなげればよいか分かりやすく、設営も簡単です。

また、 オプションのメッシュシェルタートンネルを用意することで、メッシュシェルターと連結させることができます。

snow peak

ロゴス neos PANELスクリーンドゥーブル

家族みんなが笑顔になれる「水辺5メートルから標高800メートル」のフィールドで一番役に立つアイテムを展開しているロゴスからはこちら、neos PANELスクリーンドゥーブル。

ロゴス

独自のパネルシステムにより、2本のキャノピーポールで支える事で簡単に自立。リビングスペースを大きく使う事ができます。

ロゴス

電源コードの取り込み口も完備。しかもジッパー付きですので、虫や冷気の侵入をブロックできます。

ロゴス

何かと使える延長コード

電源付きサイト、さりげなく延長コードは別料金をとられてしまうキャンプ場が多いです。

その都度、一泊200円とか払うなら買ってしまった方が断然お徳です。

車内の掃除を家で行う際にも使えますし。

わが家が購入したのはこちらの延長コード。コードが柔らかいので片付ける際にもストレスを感じません。

防雨対応なので、雨の日でも問題なく使えました。

電源付きサイト、やっぱり便利ですね。ドライヤーが使えるのがとても便利。扇風機の代わりにもなりし、濡れたものを乾かしたりできたり。

そんなこんなで延長コード、大活躍してくれます。

テント泊の次ぎは旅館でゆっくり

わが家でちょっとしたブームとなっています。

温泉に浸って、用意されたご馳走を食べる…

キャンプの後だからこそ、ゆっくり過ごせます。

みなさんも試してみてはいかがでしょうか?

泊まった事のある旅館もその時より安い値段で泊まれるかも!?

ぜひ、チェックしてみてください!



[★] 月1回は給油すると言う方はぜひ!
1リットルで驚きの2ポイントGET!




[★] キャンプ食材の購入にも便利!
最大10%還元の今がチャンス