Pocket

キャンプでの醍醐味である″焚き火″。

ゆっくりと揺れる炎を見ながら、ボーっとするのも、会話をするのも、お酒を飲むのもいいですよね。

普段の忙しい日々が忘れられる一時です。


しかーし、最近のキャンプ場では″直火″が禁止されているところがめっちゃ多い!

って言うか、直火がOKなキャンプ場の方が稀です。

そんな事情からか、″焚き火台″を利用されているキャンパーがとても多いです。

我が家も焚き火台をゲットしないと!と使える焚き火台を見つけるべく、ネットでいろいろ調べました。

 選びまくったこだわりの焚き火台

焚き火台としてだけでなく、他の使い方も出来るものはないか?

納得のいく焚き火台を見つけるため、ネットでめっちゃ調べました。

アイテム選びに失敗は許されない

通勤時間、お昼休みと隙間時間でめっちゃ調べて、ついに

「 少し高いけど、これだ!!! (ポチッ) 」

で、家に届きました!

さっそく、出してみました!いろいろ入ってます。

これこれ!これが他の焚き火台には無いキャンプをより一層楽しめるアイテム!購入の決め手となりました。

台の部分。しっかりとした感じで安定感があります!

上蓋です!しかも、収納カバー付き。結構、カバーが付いていない物が多いのですが、こちらの商品には付属されてます。

説明書はこんな感じ!



 ロゴス『KAMADO/かまど』の組み立て

では、組み立てて行きます!まずは台の部分から。とてもしっかりしてます。

次は受ける部分をセット。この状態で、蒔をいれて火をつけると焚き火ができます。

次ぎは網をセット。これで、BBQが出来ますね!

さらに、囲いをつけて。

上蓋をつけると


″かまど″の出来上がり!!

そうなんです、こちらの商品は焚き火台だけでなく、BBQも出来て、パンやピザなども作れる″かまど″になる優れものです。

出展:LOGOS



 ロゴス『KAMADO/かまど』で作ってみました

キャンプ場ではじめて作ったピザです!生地からコネコネ。子供と楽しく作れました! ピザって分量さえ間違わなければ、初めてでも美味しく作れちゃいますね。



こっちはパンです!もちろん生地からコネコネ。ピザより少し難しい気がします。ふわっとしたかるいパンを作るのって結構難しいかも。でも自然の中で焼きたてのパンを食べるのは格別です。子供もパクパク食べてました。



ちなみに、ピザやパンをコネコネする時に便利なクッキングマットはこちらを使用しています。

これさえあれば、どこでもコネコネできちゃいます!

しかもヘラが2つも付いているのに、とってもリーズナブル。お買い得です。


また、パンやピザの材料は事前に量っておくのがポイントです。

キャンプ場で材料を量るとこからやると余分な荷物が増えてしまうため、自宅で量って必要な分だけ持って行くとスマートです。

ご存知の方も多いかと思いますが、パンもピザも材料の計量がとっても重要となります。

大雑把にやってしまうと確実に失敗してしまいます。

私も幾度となく紙コップを使って計量していましたが、200cc = 200g と思っていたら何と材料によって違うみたいです(^▽^;)

で、こちらの計量器を購入しました。はっきり言って全然出来上がりが違います。(あたりまえですね。。。。)

 ロゴス『KAMADO/かまど』のおすすめポイント

出展:LOGOS

5通り(焚き火台、BBQ,オーブン、鍋料理、ダッチオーブン)の使い方が出来る

1台で5通りもの使い方が出来る優れモノ。まさにキャンプを楽しむのにマストな1台だと思います。

本格的なピザやパンが作れる

子供たちと友人と恋人と、アウトドアで生地からピザやパンを作るのはとても楽しいですよ。普段料理をしないパパからママへ感謝の気持ちを込めて振る舞うのもいいですよ。

キャンプ場で注目される

何人かのキャンパーに「これって何ですか?」と尋ねられました。見ない形状なので気になるみたいです。キャンパーに注目されるアイテムを持っていると、良いものを買ったなと、うれしい気分になります。


いかがでしょうか。普通の焚き火台を購入するのであれば、何通りもの使い方ができるロゴスの『KAMADO/かまど』検討してみてはいかがでしょうか。

キャンプがより楽しくなること間違いないです。

パーティーにもおすすめ!自宅で本格派ピザ

もっと気軽に美味しいピザを食べたい方はこちら!

職人が一枚一枚作っている本格的なピザを食べることができます。

スーパーに売っている冷凍ピザとは次元がまったく違います。

美味しいピザを好きなときに食べることができます!

子供の誕生日パーティーにも便利ですよ。



★今まで活躍してくれたアイテムを高額買取★